自転車を買うときどんなことに注意したらいいの?買い方のコツ3選

軽くて丈夫な素材を選ぶ

自転車を選ぶときは軽くて丈夫な素材を選ぶようにすると、長時間サイクリングしても疲れにくいです。ママチャリの種類だと重さが20キログラム以上するのもあり、漕ぐだけでも負担がかかってしまいますが、材質の軽い物であれば15キログラム前後の種類もあるので、長時間漕いでいても疲れにくくスピードも出やすいです。安い自転車はお得感がありますが、その分材質が重いといったこともあるので、購入するときは重量を確認してからの方が長期間安心して乗れます。

パンクしにくいタイヤを選ぶ

一般の自転車は標準のタイヤを使っており、中のチューブもどちらかというとパンクしやすいので、段差がある所や工事現場でガラスや金属の破片が落ちていたときにパンクしてしまうことがあります。パンクの被害に遭わないようにするためには、パンクしにくいチューブと、タイヤが標準タイプより厚めに出きている種類を選ぶと安心です。自転車を購入してからタイヤを交換しても良いですが、購入するときにパンクに強いタイヤを選ぶようにすると、通勤通学でパンクを気にすることなく乗れます。

折り畳み自転車にしたいとき

折り畳み式自転車は軽くて値段も安いのが出てきていますが、タイヤが小さいので坂道を登るときに苦労することがあります。ギヤ付きの種類にしておけば、タイヤが小さくても楽々登ることが出来るので、3段から5段くらいあるギヤ付きがお勧めです。折り畳み自転車でも電動式の種類も増えてきているので、ギヤ付きでない種類なら電動式のタイプを選ぶという方法もあります。折り畳み自転車は軽ければ、輪行袋に入れて電車で移動することも出来るので、駅に付いてからサイクリングが出来て便利です。

名古屋の自転車のショップの取り扱い商品は、各店舗の経営者の判断に影響を受けることがあるため、なるべく複数の店舗に足を運びましょう。

This article was written by admin