ちょっと待った!費用だけで判断するのは危険

車検はトータルコストで判断

3年・2年毎・1年毎で受けなくてはならない車検、出来るだけ費用を掛けたくないものですが、安全に関わるためどこで車検を受けるかが悩むとこです。車検費用を最も抑えられるのは、ユーザー自ら自動車等を陸運局もしくは軽自動車検査協会に持ち込んで車検を受けるユーザー車検です。ただし、ユーザー車検の場合は、本来、自動車整備士が担う作業をユーザー自身が行なわなくてはならないため、ある程度の整備スキルがなくてはなりません。また、陸運局は各県に1・2箇所しか存在せず、陸運局への往復時間を考慮するとユーザー車検のために会社を休まむのは本末転倒です。

車検の目的は保安基準に適合しているか

車検は保安基準に適合しているかどうかを検査するもの、次回の車検までの安全性を保障している訳ではなく、車検が通っても翌日に故障することはあり得ます。車検を抑えると言うことは、交換部品を抑えることでもあるため、必然的に車の性能に影響を及ぼします。ディーラーでの車検は高いと感じる方が多いですが、ディーラーは病院で言えば大学病院、適切な診断のもと適切な整備を受けることが出来ます。大学病院では医師の責任においてキッチリとした医療が提供されるように、ディーラーでの車検は交換部品の基準を高く設定されているため、部品の交換サイクルが早くなります。安いを取るか安全を優先するかで車検の費用は異なり、中間の費用を選択すれば費用も安全も程々の結果になります。日本車は性能が良いことで周知されていますが、中古車まで世界的に需要があるのは日本には車検制度があることを忘れてはなりません。

車検とは、車を持っている人が必ず受けなくてはいけない車の点検のことを言います。車検が切れた車は公道を走ることができません。すぐに車検を受けて安全に走ることができる状態にしておく必要があります。

This article was written by admin