鉄道マニアだけではない!?模型好きな人からの注目を集めています

鉄道模型には幾つかの種類があります

鉄道模型と言うと、鉄道マニアと言われている人が集める模型と言ったイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、鉄道模型は精密な作りが行われている完成度が高い模型の一種でもあり、電車が好きな人や模型が好きな人々からの注目を集めているのです。鉄道模型と言っても、縮尺率によりOゲージ、HOゲージ、Nゲージ、Zゲージなどの種類があります。日本国内ではNゲージやHOゲージを集める人が多いのですが、Oゲージは軌間が32mmで縮尺率が1/45(日本の場合)になります。実物の45分の1のサイズと言う事からも、リアル感がありますが、日本の住宅事情を考えた場合、Oゲージは少々サイズが大きめです。

Nゲージは国内の中でも注目を集めている鉄道模型

Nゲージは軌間が9mm、150分の1の縮尺率(日本の場合)になります。Oゲージと比べるとかなり小さなサイズの鉄道模型ではありますが、値段が比較的安い事、完成度が高い事、省スペースでもレールレイアウトを作って楽しめるなどの理由から、日本の中ではNゲージを集める人が多くいます。

HOゲージはよりリアルを求める人からの注目!

HOゲージの軌間は16.5mm、縮尺率は80分の1(日本の場合)です。Nゲージと比べると、人気はそれほどありませんが、完成度が高いなどの理由からも、HOゲージを集めたいと言う人が多くいます。サイズが大きめの鉄道模型ですから、レイアウトを作って楽しむ場合には、その都度レールを繋げるなどが必要になりますが、模型だけを眺めても楽しめるサイズと言う事からも、Nゲージ同様に人気を持つサイズです。

鉄道模型の買取業者を賢く活用するためのポイントは、メルマガを参考にして、最新の買取強化商品情報をチェックすることです。

This article was written by admin