車検の費用についてどれくらいかかるのか知っておきたい

車検はなぜ必要なのか

車を所有している人は、必ず車検を受ける必要があります。そもそも車検はなぜ必要なのでしょうか。車検が必要な理由は、自動車による交通事故が起きないようにするためです。いくら日本製品と雖も、何年ものり続けて故障している車の場合は、交通事故を起こしてしまう心配もあります。交通事故で防げるものに関しては防いでおくべきですし、できるだけなくさなければいけないものです。そこで、車検をすることによって、交通事故を防ぐことは十分に可能になります。

具体的にどれぐらいの費用がかかるのか

車検については、一般的にお金がかかるというイメージがあるのではないでしょうか。お金がかかるのは料金を2種類取られるからです。一つは法定費用になります。法定費用は細かく分けると三つに分かれます。一つが自賠責保険でもう一つは重量税、もう一つは印紙代になります。これらを合計すると3万円から4万円ぐらいの費用になるでしょう。重量税に関しては、車の重さによって費用が変わってきます。また車が古いほど費用がかかります。ただし、漠然と古いからお金がかかるというわけではありません。登録されてから13年経過した車は重量税が高くなりますす。もしどうしても車検を安く済ませたいのであれば 13年目になる前に売却をしてしまえばいいのです。法定費用に関しては、これ以上安くすることはできません。なぜなら国の税金だからです。車検にはもう一つ費用があり、それら車検費用になります。車検費用は、業者の取り分になりますので安くすることができます。例えば、ディーラーで車検を受けた場合とガソリンスタンドなどで車検を受けた場合では費用が異なり、ガソリンスタンドの方が安い傾向にあります。

車検費用はそれぞれの店舗によって異なるので、事前に複数の業者から査定を得ることが大切です。ディーラー等の販売店だけではなく、ガソリンスタンドやカー用品店でできる場合もあります。

This article was written by admin